しょまっぴーブログ in北海道

北海道の旭川市在住の男子学生が旅行やアウトドアを中心に感じたことを書いていきます

iPad Proを買った話【雑談】オンライン授業/アクセサリ【iPad Pro 2020】

4月の半ばに新型iPad Pro が届きました。

そこから1ヶ月、毎日のように使っています。事情により購入した当初の目的とは違った用途になっていますがとても満足しています。

今回はそんなiPad Proを買った理由やどのように使っているかなどを話していきます。

f:id:shomappyblog:20200520030101j:plain

 

iPad Pro 2020 を買った理由

僕は今まで2018年に発売されたiPad 第6世代(9.7インチ)を使っていました。主にネットでの調べ物やまとめノートの閲覧や動画視聴に使っていました。apple pencil(第1世代)にも対応しているのでメモにも使うことができます。それらの用途に不満はなく、2年間でかなり使っていたと思います。

しかし、ここ数ヶ月でデジタルノートアプリを使用した勉強をする機会が増え、2時間くらいずっとapple pencilでノートをとるようになりました。するとペンの重さや大きさが気になりはじめ少しずつストレスを感じるようになりました。

また、iPadの画面を分割して、動画を見ながらノートをとるというときにiPad 第6世代では画面の大きさが微妙に小さくやりづらさを感じていました。

そんなちょっとした不満があり、軽く、充電が楽なapple pencil(第2世代)が使えて、画面も大きいiPad Pro に憧れるようになりました。

iPad Pro の11インチの大きさであれば学校やカフェに持ち運んで勉強するのも楽だと考えました。

 

また、旅行先などで写真の編集や管理をiPadのみでしたいとも考えていました。iPad Proではカメラと接続するだけで簡単にデータを移すことができるのです。(旧iPad は電圧が低くカメラと接続しただけではできません。)

 

このように、外出した先で不満なく勉強や趣味に打ち込むためにiPad Proの購入を決意しました。ちょうど2020年版のiPad Pro が発売されたことも背中を押す原因でした。

 

というわけで、iPad Pro(11インチ、第2世代、256GB、セルラーモデル)を購入しました。セルラーモデルにした理由は旭川Wi-Fi環境があまり整っておらず、外出先でもネット接続したいからです。

 

現在どのように使っているか

当初の目的は学校やカフェはたまた旅行先でも勉強や趣味、娯楽を楽しむということでした。しかし、注文後に悲劇が、、

新型コロナウイルスにより学校はオンライン授業となり、スタバなどのカフェは軒並み休業、旅行なんて行っている場合ではない状況になってしまいました。

ですがいざ届いてみると、新たな使い方ができるようになり結果的にかなり使っています。

 

一番の理由はオンライン授業に向いているということ。

僕の学校のオンライン授業は基本的に、講義資料をダウンロードして読み、サイト上で問題を解くというもの。

ノートアプリに資料を読み込めば重要なところに線を引くことができるし、同時にブラウザを開いて問題を解きすすめることができます。そしてそれを布団の中でできるのです。

iPadにはアラーム機能があるので講義時間(問題を解く時間)の直前に枕元で鳴らして起床、そのまま授業ということがおこなえます。これ以上書くと怒られてしまうかもしれませんが、布団の中で単位を取ることができるのです。笑

 

各アプリもパソコンより簡略化されているので(そこが短所でもありますが)、直感的に操作することができます。You Tubeをみたり、Lightroomというアプリで写真を編集したり、勉強のためのノートをとることも簡単にできます。アマゾンプライム・ビデオをみたりキンドルで漫画を読んだりもしています。

勉強のときに使うノートアプリは定番の「GoodNotes」。動画を見ながらノートをとったり、講義資料にメモすることもできます。↓の画像はyoutubeと画面分割したものです。

f:id:shomappyblog:20200520030254p:plain

内容はイメージです

写真編集ができるLightroomというアプリの画面。カメラから取り込んでスムーズに編集できます。編集したらすぐにSNSにアップすることもできます。

f:id:shomappyblog:20200520030229p:plain

 

すでにiPadを持っているのに新しいものを買うのは多少罪悪感がありましたが、それを払拭するくらいQOLが上がったのでとても満足です。

 

iPadと一緒に買ったモノ

新型iPad Pro と同時にいくつかのアクセサリを購入しました。最後にそれらを紹介します。 

アクセサリにもかなり興奮しました。

 

まずは、apple pencil(第2世代)。前世代よりも短く軽くなっており、充電形式がワイヤレスになっています。iPadの側面に磁石で付くため持ち運びに困らず、定位置を決めることができるのでとても良いです。接着部分が平らになっているのでペンとして持ちやすいことも良いです。

f:id:shomappyblog:20200520030023j:plain

 

次に、純正のSmart Folio。キーボード付きのケースでは無いのはなるべく本体を軽くしたいこと、すでに小さめのbluetoothキーボードを持っていることのためです。

f:id:shomappyblog:20200520025937j:plain

 

最後にかなりテンションが上ったモノが、革製のiPadケース。株式会社dripというところが発売している「Leather iPad Case」。

f:id:shomappyblog:20200520030004j:plain

そこの会社の方がYoutubeをやられていて、商品紹介で一目惚れしてしまいました。僕は昔から革のモノが好きで、iPadにも革のケースがほしいと思っていたところにストライクゾーンど真ん中のモノが来てしまいました。

15,800円と学生にとってはかなりお高いです。が、さわり心地や匂いがとても良く、まだ持ち運んだりしてませんが使い終わったらケースに入れてます。

一つ注意点があって買ったばかりのときはとても硬いです。Smart FolioにいれたiPadが全然入らないのです。公式でもそのことは言われており、革なのでそのうち伸びて入れやすくなるとのことです。しかし押し込む力でiPadが壊れてしまうんではないかという不安が初めの頃にはありました。(今では難なく出し入れできます。)

f:id:shomappyblog:20200520030041j:plain

見た目もかっこいいし、しっかりiPadの側面が守られるのでいい買い物をしたと思っています。以下リンク

drip.base.shop

 

勉強・趣味・娯楽にフル回転のiPad Pro を買った話でした!

それでは!