しょまっぴーブログ in北海道

北海道の旭川市在住の男子学生が旅行やアウトドアを中心に感じたことを書いていきます

【雑談】レジ袋有料化スタート!(ちょっと愚痴があります)

本日、2020年7月1日からレジ袋が有料化されましたね!

 

資源の節約や海洋プラスチックごみの問題、地球温暖化などの対策のためプラスチック過剰使用の抑制を目的として始まった制度です。前々からこの制度のことは知っていて、小さいものは手で持ち帰ればいいし、スーパーではエコバッグを使えばいいので賛成の立場でした。

 

今日実際コンビニエンスストアで買い物をする機会があったので、レジ袋有料化を経験しました。

 

お弁当と飲み物を買い、お弁当は温めてもらいました。上に書いたように手で持って帰ればいいかと思っていましたが、お弁当がめちゃめちゃ熱いのです。そして、お箸と飲み物と熱々のお弁当を手で持って帰るのが恥ずかしくなり、袋を買ってしまいました。

 

僕の持っているエコバッグは大きいのでコンビニなどの小さい買い物用にもう一つエコバッグが必要だなと思いました。

 

しかし、ここにおいて急にこのレジ袋有料化への不満が高まってきました。レジ袋を購入しても、エコバッグを用意してもお金がかかってしまうではないですか〜。さらに常にエコバッグを持ち歩く手間がかかります。

 

もう一つ不満があります。僕が住む旭川市にはペットボトルやカンのゴミは透明の袋に入れて捨てるルールがあります。今まではコンビニやスーパーのレジ袋を利用していましたが、今後レジ袋をもらえなくなるとゴミを捨てるために新たにビニール袋を買う必要があるのではないでしょうか??

 

汗で濡れた服を入れる袋にするなど僕はよくレジ袋を再利用していました。さすがにそのためにビニール袋を買うことはないですが、レジ袋を再利用しているため重宝している人は多いのではないでしょうか。

 

何も詳しいデータは分からないので心情的にしか言えませんが、消費者に負担がかかり本当に効果があるのか疑問に思ってしまう制度なのでは、と不満が生まれてしまいました。

 

経済産業省のページによると「レジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としている」とあります。

 

レジ袋の必要性を考えるなら、何も大変な時期に有料化して負担を増やす方法じゃなくてもいいのではと思ってしまいます。消費者が得するような制度(ポジティブな制度)が良かったなと。。(いい案が思いつかなくてすいません、、)

 

それでは〜